赤ちゃんライオン屋外に 28日から3匹公開、愛称募集 桐生

上毛新聞
2017年9月25日

桐生市の桐生が岡動物園(斎藤隆浩園長)は28日午後1時から、7月に生まれたライオンの赤ちゃん3匹をライオン舎屋外展示場で公開する。3匹の愛称も来園者から募集する。
3匹はチャコ(雄)とライラ(雌)の子で、雄1匹と雌2匹。7月19日に生まれた。体長約50センチ、体重約6キロで、母乳をよく飲み、すくすく成長している。最近は肉も食べ始めた。高い場所に登って遊ぶ様子もみられるという。
8月下旬に屋内で公開に向けた練習を始め、人に見られることにも慣れてきた。天候によっては室内でガラス越しに公開する。
愛称は28日から10月12日まで募集する。所定の用紙に愛称と理由などの必要事項を記入して、ライオン舎屋内観覧室の応募箱に入れる(電話、はがき、メールなどは不可)。応募のあった名前の中から職員が選び、11月上旬に結果を園内やホームページで発表する予定。問い合わせは同園(☎0277・22・4442)へ。

 

【写真】すくすくと成長するライオンの赤ちゃん

地図 →

この付近の観光ニュース →