上州路280キロ 名車駆ける 榛名湖畔でゴール 吉岡

上毛新聞
2017年9月18日

クラシックカーが上州路を駆け抜けるイベント「スプレンドーレ榛名2017」(伊香保おもちゃと人形自動車博物館主催)が16日始まり、全国から集まった約60台が吉岡町上野田の同館駐車場をスタートした=写真。17日までの2日間で約280キロを走る。
同館の横田正弘館長が、来年1~2月に欧州で開かれるラリー・イベント用に改装した、1972年式「日産フェアレディ240Z」が先頭を務めた。俳優の堺正章さんが乗る67年式のイタリア車「マセラティ・ミストラル」など、1930~80年代までの日米欧の名車が続いて発進。沿道の県民らの歓声を浴びながら、榛名山麓から川場村や前橋市街地を巡った。
17日は伊香保温泉を出発して安中市などを巡り、榛名湖畔でゴールする。

地図 →

この付近の観光ニュース →