食育フェスでクイズやゲーム 野菜 もっと身近に 前橋

上毛新聞
2017年8月21日

子どもたちに野菜に親しんでもらうイベント「ピッコロ食育フェスティバル」(野菜ソムリエコミュニティぐんま主催)が19日、前橋市のYAMADAグリーンドーム前橋で開かれた。野菜や果物にまつわるクイズやゲームが行われ、多くの親子連れでにぎわった。
野菜の食べ比べやクイズに参加した子どもたちは、同団体が発行する「キッズ野菜ソムリエ」1期生の任命書が授与され、黒いエプロンと黄色いチーフを身に着けてうれしそうな表情を浮かべた。
キッズ野菜ソムリエに任命された塩谷こころさん(みどり大間々東小5年)は「料理が大好き。もっと野菜について知りたいと思い参加した」と話し、友人の生嶋七海さん(同)は「野菜の食べ比べが特に楽しかった」と笑顔だった。
レタスやキュウリで野菜ブーケを作る講習会や、フルーツカッティング講習会なども開かれ、子どもたちは熱心に取り組んだ。
約120人が登録する同団体は、産地見学や野菜の講習会を開いている。イベント実行委員長の中沢洋子さんは「子どもたちにも野菜や果物を身近に感じてもらいたい」と話した。

 

【写真】レタスやキュウリを使って「野菜ブーケ」を作る参加者

地図

地図を開く 近くのニュース