《世界遺産》製糸場“夜の顔” 家族連れが満喫 富岡

上毛新聞
2017年8月7日

世界遺産の富岡製糸場(富岡市)で4日、解説員が同行する初のナイトツアー(まちづくり富岡主催)が始まった。家族連れらが解説を聞きながら、ライトアップされた赤れんがの東置繭所や西置繭所、繰糸所を巡った。
ツアーは夕暮れ時から始まったが、30分ほどかけて巡るうちに幻想的な雰囲気に変わった。解説員は「ライトアップされると赤れんがの凸凹や色合いが際立つ」と夜ならではの魅力を紹介した=写真。
小学生の孫2人を連れて訪れた同市上小林の岩井久子さん(73)は「昼間とは違う製糸場は風情があって良かった」と話していた。
ナイトツアーは5、6日、11~20日、25~27日にも行う。午後6~8時。料金は大人500円、高校生・大学生100円、中学生以下無料。

地図 →

この付近の観光ニュース →