食や映画 台湾満喫 15、16日 前橋でフェア

上毛新聞
2017年7月9日

台湾の文化や情報を発信し、交流を図る「台湾フェアin群馬2017」(県、県台湾総会主催)が15、16の両日、前橋市の群馬会館で開かれる。食や体験、映画上映などを通じ、台湾を満喫してもらう。
台湾の農村の伝統家屋「三合院」を再現し、「好看(ハオカン)!(見て楽しい)」「好吃(ハオチー)!(おいしい)」など四つのテーマを設定。5本の台湾映画上映(1作品500円)、台湾書法やウーロン茶入れの有料体験、マンゴーかき氷や焼きビーフンの販売などがある。
台南応用科技大の学生がオープニングでダンスを披露するほか、両日とも予告なく踊り始め、会場と一体となる「フラッシュモブ」を行う。
4日に県庁で会見した県台湾総会の頌彦守真事務局長は「映画を見て食べて遊んで。台湾を1日味わってもらいたい」と来場を呼び掛けた。
午前10時~午後5時。問い合わせは県国際戦略課(☎027・226・2295)へ。

地図

地図を開く 近くのニュース