3人制バスケ国際大会 7月、宇都宮で再び熱狂

下野新聞
2017年6月27日

 宇都宮市は26日、7月29、30の両日開かれる3人制バスケットボール国際大会「3×3ワールドツアーうつのみやマスターズ」の概要と関連イベントを発表した。昨年に続き2年連続2回目の開催で、二荒山神社前のバンバ市民広場に特設コートと約880席の無料観戦席を設ける。プロバスケットボールBリーグの初代王者に輝いた栃木ブレックスの3人制チームは現在、同大会の出場に向け国内を転戦中。7月8、9の両日にオリオンスクエアで開かれる国内大会の結果で、出場チームが決まる見通しだ。

 クラブチーム世界一を決める「ワールドツアーファイナル」(北京)への出場を懸けて、世界7都市で開催される代表決定戦の一つ。日本を含むアジア各地から勝ち上がった12チームが出場する。

 予選リーグは29日午後2~8時で、3チームずつのリーグ戦を行い、各上位2チームが翌日の決勝トーナメント(午後2~8時)に進出する。

 観戦席は昨年から約80席を増やし、屋根スペースも観戦席のエリアにまで広げる。事前申し込みは不要で、自由に出入りできる。

 28日には特設コートでプレオープニングイベントを開催。29、30日はオリオンスクエアなどで、ライブ映像を配信する「パブリックビューイング」を実施する。バンバ通りでは地元食材を使った飲食ブースが出店される。

 大会を盛り上げようと、会場周辺の各店舗が7月上旬から、「3」にちなんだオリジナルメニューを販売。中旬からは農産物をベースにしたオリジナルクラフトビールも登場する。

 佐藤栄一(さとうえいいち)市長は定例記者会見で「本市のブランド力向上の絶好の機会と捉え、本市の魅力を国内外に発信していきたい」と期待。

 また、3人制バスケが2020年の東京五輪の新種目に採用されたため、「キャンプなどで宇都宮が誘致できる環境にあるのであれば、名乗りを上げたい。バスケを活用したまちづくりを考え、さまざまな手を打つ」との意向を示した。

地図 →

この付近の観光ニュース →