温泉PR「行ってきます」 キャラバン出発式 県庁 

上毛新聞
2017年6月26日

県のマスコットキャラクター、ぐんまちゃんが本県の温泉の魅力を県外温泉地で発信する「イメージアップキャラバン」の出発式が22日、県庁で開かれた。ぐんまちゃんはおいでちゃん(水上温泉)ら県内温泉地のゆるキャラから熱い激励を受けた=写真。27日の秋田・小安峡温泉を皮切りに、岐阜・下呂温泉など計6県を訪れ、地元のゆるキャラと共に魅力発信に汗を流す。
キャラバンはNHK大河ドラマの放映に合わせ、「上州真田の里」をアピールするため和歌山県などを訪れた昨年に続くぐんまちゃんによる企画・提案型の活動。12月までの訪問先は温泉を観光資源とするライバル県ばかりだが、共同でPRすることで新たな温泉ファンの創出を目指す。
秋田では地元ゆるキャラとの交流会や、県幹部への表敬訪問を予定。7~9月の「ググっとぐんま観光キャンペーン」のPRも合わせて行う。

 

【写真】県内温泉地のキャラクターから送り出されるぐんまちゃん(右)=県庁

写真


地図

地図を開く 近くのニュース