「真心一魂」の酒米を田植え 高萩

茨城新聞
2017年5月26日

高萩市が新たな特産品として開発した純米吟醸酒「高萩真心一魂」の醸造用酒米の田植えが25日、同市秋山の水田で行われた。真心一魂は2月1日に発売を開始し好評を博している。今年も年末の醸造・販売に向けて約50アールに酒米の美山錦を植え付けた。

酒米は試行期間の2015年から、同市秋山の農家、下山田誠司さん(67)の水田で生産している。小雨の中、田植え機での植え付けが行われる一方、長靴と雨具姿の小田木真代高萩市長が手植えも行った。小田木市長は「酒米のできも良く、市民の協力も得られて販売は順調。新たな展開を考えながらPRして真心一魂を高萩のブランドに成長させたい」と期待を込めて話した。

農業振興や地域活性化を狙いに始まった酒米の生産は、日立市の老舗酒蔵「森島酒造」が醸造を請け負い、昨年約2500本を生産し、残りはわずか。今年は3500本を目標にしており、下山田さんは「昨年以上の作柄で秋を迎えられるように頑張りたい」と話した。

地図 →

この付近の観光ニュース →