土俵入りや優勝祝賀、稀勢の里切手を発売 22日、日本郵便

茨城新聞
2017年5月21日

大相撲の稀勢の里関(30)=本名萩原寛、牛久市出身、田子ノ浦部屋=の第72代横綱昇進を記念し、日本郵便関東支社(さいたま市)は22日、稀勢の里関のオリジナルフレーム切手を発売する。

オリジナル切手は、稀勢の里関の土俵入りや本場所、優勝祝賀の様子、化粧まわし姿などの写真を使い、82円切手10枚、B5判の二つ折り台紙1枚で構成されている。1セット1700円(税込み)で、発行数は5100セット。

県内の全郵便局を含む関東など2027カ所(一部簡易郵便局を除く)で販売される。25日からは同社ホームページでも販売する。

同社担当者は「稀勢の里関のフレーム切手販売を通して茨城県の盛り上げに貢献したい」と話した。

地図

地図を開く 近くのニュース