重伝建の町並み 人力車から見物 桐生・本町商店主が運行

上毛新聞
2017年5月10日

 桐生市本町の商店主が6日、本町通りで人力車を引いた。観光客が乗車し、風情ある町並み見物を堪能。周辺では桐生三大市が開かれており、買い物客らが珍しそうに人力車を眺めた。
桐生天満宮近くと本町6丁目の古民家カフェを往復するコース。江戸や明治期の建物が数多く残る国の重要伝統的建造物群保存地区や、昭和期の建物が並ぶ商店街を通り、乗客は街のさまざまな表情を楽しんだ。
母親と一緒に乗車した栃木県足利市の大矢珠璃さん(6)は「ふわふわした乗り心地。景色がよく見えてきれいだった」と初めての体験に感激していた。
今後も不定期で開催する予定で、企画、運営した栗原優子さん=みどり市=は「人力車が桐生の街にとても良く似合った。乗った人だけでなく、見た人にも楽しんでもらえた」と満足そうだった。

地図 →

この付近の観光ニュース →