鮮やか1万本 つくばのボタン園

茨城新聞
2017年5月3日

つくば市若栗のつくば牡丹(ぼたん)園で、ボタンの花が見頃を迎え、来園者の目を楽しませている。園内では「牡丹祭り」を開催中で、550種約1万本のボタンが鮮やかな赤やピンク色の見事な花を咲かせている。満開は3~5日ごろの予定。

同祭りは5日までだが、今年はボタンの開花が遅れており、6日から同所で開かれる芍薬(しゃくやく)祭り(21日まで)でも引き続きボタンを楽しめるという。同園のオリジナル品種も50種ほど咲いており、園長の関浩一さん(56)は「よそでは見ることのできないボタンの花も楽しんで」と話している。

来園者は持参したカメラで花を撮影するなどし、園内を満喫。千葉県旭市から家族3人で訪れた村田勝之さん(62)は「いろんな種類のボタンがあり楽しめた」と堪能した様子だった。

開園時間は午前9時から午後5時まで。期間中の21日まで無休(荒天の日は休園)。入場料は大人千円、中学生以下無料。問い合わせは同所(電)<a href=”tel:029(876)3660″>029(876)3660</a>。

地図 →

この付近の観光ニュース →