浸水被害 常総線の下妻-水海道駅間、再開は10月下旬に

茨城新聞
2015年9月24日

関東鉄道は23日、不通が続いている常総線の下妻-水海道駅間について、再開は10月下旬になると発表した。
同社によると、今回の浸水被害で、同区間の線路約100メートルが曲がるなどの被害を受け、約1.5キロで線路内に泥が堆積した。さらに、踏み切り39カ所が使用不能になったほか、北水海道、三妻、石下の3駅の駅内の業務機器が使えなくなった。
24日から取手-守谷駅間は通常運行に戻り、守谷-水海道駅間は9割程度の本数に回復する。ただ、快速列車は運行しない。下妻-下館駅間は通常の3割程度の運転のまま。

地図 →

この付近の観光ニュース →