日光で氷上体育大会 市内児童330人が熱戦

下野新聞
2017年2月8日

 【日光】旧日光市から続く伝統の「市小学生氷上体育大会」が7日、所野の日光霧降スケートセンターで開かれ、市内15小学校の児童約330人がスピードスケートで熱戦を展開した。

 冬季スポーツへの意欲を高めることや技術向上のため1954年から開催しており、今年で63回目。旧日光市時代は中学校との合同でアイスホッケーとフィギュア競技も行われていた。

 青空が広がったこの日は、4~6年生が参加。男女別の100、500メートルレースと800メートルリレーで健脚を競った。観客席には保護者も駆け付け、全力で滑走する児童たちに熱い声援が送られた。

 大会後は、1月に長野市で開かれた冬季国体スケート競技に出場した市職員若林大季(わかばやしだいき)選手(29)と小学生選手2人による模範滑走も行われた。

 模範滑走した日光小6年湯沢大翔(ゆざわやまと)君(12)は「同級生の前で緊張した。多くの人にスケートを好きになってもらいたい」と話していた。

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木

あすから「日光桜回遊 おもてなしエリア拡大

約1km
栃木

陽明門「竣功式」、10日11時から 式典、参拝客も見学可 日光東照宮

約1.1km
栃木

三猿鮮やか、伝統技術の粋 65年ぶり修理完了日光東照宮

約1.1km
栃木

新装陽明門、初の雪化粧 日光東照宮 映える金色の国宝

約1.1km
栃木

将棋名人VS最強ソフト 東照宮で最後の電王戦 来月1日に第1局

約1.1km
栃木

化粧直し、色鮮やかに 日光東照宮「陽明門」 随身、こま犬修復・設置

約1.1km