地元ゆかりの作家48人集結 アーツ前橋

上毛新聞
2017年2月6日

前橋ゆかりの作家48人の作品を集めた企画展「前橋の美術2017~多様な美との対話」(3日から、前橋の美術実行委員会主催)の内覧会が2日、前橋市千代田町のアーツ前橋で開かれた。さまざまなジャンルの作家や学芸員らが中心となり、市民主導で開催される初の展覧会となっている。26日まで。
関口光太郎さんの新聞紙とガムテープで制作された巨大な立体作品=写真=や、飯出袈裟市さんの木目が美しい工芸作品、藤口諒太さんの会場で録音を行うパフォーマンスなど114作品が出品された。金井訓志同実行委員長は「前橋に素晴らしい作家がたくさんいることを、市民に知ってもらいたい」と来場を呼び掛けている。
水曜休館。問い合わせは同館(027・230・1144)へ。

地図 →

この付近の観光ニュース →

群馬

列車に涼呼ぶ音色 上電

約370m
群馬

前橋文学館長就任1周年 「萩原朔美の仕事展」 「のぞき穴から世界を」 映像、雑誌、エッセー… 定点で時の流れ観測

約460m
群馬

漫画で文学身近に 清家さん原画展 朔太郎らの作品に着想 前橋

約460m
群馬

《まち里歩き》スタート地点 前橋文学館(前橋市千代田町) 「詩のまち」彩る水と緑

約460m
群馬

「月に吠える」刊行100年記念 朔太郎の世界体感 前橋

約460m
群馬

商店街ギャラリーに 前橋 25店舗で作品展示 「水」題材に詩と写真

約760m