待ちに待ったワカサギ解禁 バラギ湖 嬬恋

上毛新聞
2017年1月30日

嬬恋村干俣のバラギ湖の氷の厚さが基準値の25センチを超えたことを受け、管理する無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場は28日、今シーズンの氷上ワカサギ釣りを解禁した。
午前8時の解禁とともに、県内外から冬の風物詩を待ちわびた観光客約300人が訪れ、厚く張った氷にドリルで穴を開けて穴釣りを楽しんだ=写真。家族や会社の同僚と訪れた新田浩さん(47)=さいたま市=は「天気も良いので大自然を満喫したい」と笑顔だった。
同キャンプ場によると、今シーズンは冷え込みが強く湖面の凍結も順調で、3月上旬まで楽しめそう。初心者向けの「氷上ワカサギ釣り教室」なども企画している。問い合わせはMUJIアウトドアネットワーク(☎03・5950・3660)へ。

地図 →

この付近の観光ニュース →