東武鬼怒川線SL「大樹」8月10日運転開始 下今市駅周辺機関庫新設へ

下野新聞
2017年1月19日

 東武鉄道は18日、鬼怒川線の下今市-鬼怒川温泉駅間(12・4キロ)で運行する蒸気機関車(SL)「大樹(たいじゅ)」が8月10日に営業運転を開始すると発表した。運行に合わせ、駅舎を全面改修中の下今市駅(日光市今市)は7月ごろ、かつてSLが活躍した昭和の時代をほうふつとさせるレトロ感のある駅舎がお目見えする。

 大樹の客車は3両編成で、座席定員数は約200席。片道35分を1日3往復し、2017年度は土日、祝日を中心に約100日運転する。料金や具体的な運転日・時刻、切符販売の方法・時期は未定だが、下今市駅で浅草駅などからの特急と接続する運行ダイヤを検討している。

 また、下今市駅周辺にSLの点検などを行う「下今市SL機関庫」を新設し、SLの向きを転換する転車台と共に3月ごろに完成させる。付近はSLを間近に体感できる見学エリアとして整備する。

 鬼怒川線では5月ごろ、試運転を始める。同社担当者は「大樹はお盆前の利用者が多く見込まれる時期に運転を始める。『SLが走るまち』を多くの人に感じてほしい」としている。

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木
群馬

栃木・群馬・福島 3県観光地連携へ始動 歴史街道対流圏強化プロジェクト

約400m
栃木

味は二社一寺の“お墨付き” 日光手打ちそばの会、輪王寺から認定証

約910m
栃木

JR日光駅 築105年、初の大規模修繕

約7.2km
栃木

「日光桜回遊」スタート 名所25カ所、順次開花 JR駅で歓迎セレモニー

約7.2km
栃木

手ぶら観光サービス 手荷物を宿泊施設に配送 東武日光駅、来月から本格導入

約7.4km
栃木

日光で氷上体育大会 市内児童330人が熱戦

約8.8km