桐生舞台のアプリ開始 観光ガイド、ゲームの2種類

上毛新聞
2017年1月16日

桐生市は12日、観光ガイドと衛星利用測位システム(GPS)ゲームの2種類のスマートフォン向けアプリの運用が始まったと発表した。
アプリ「桐生市観光ガイド」は「織物のまち桐生を巡る」「新しさ×レトロなスポットを巡る」など三つのコースがあり、画面上の地図の指示に従って街を歩くと、お薦めスポットが紹介される。
ゲームアプリ「2116 FEEL&COLOR」は、100年後に日本の首都となっている桐生市からSOSのメッセージが届き、助けるために現在の桐生市街で悪者の陰謀を暴くという設定。桐生駅をスタート地点に中心商店街を歩きながらゲームを進める。
両アプリとも無料でダウンロード、利用できる。
国の地方創生加速化交付金を活用した事業で、桐生市内のIT企業「ニュートロンスター」(殿岡康永(やすのり)社長)などが補助金を受けて開発した。

地図 →

この付近の観光ニュース →