はげ盛メニュー18品 片品の16店

上毛新聞
2016年12月26日

大盛りの食事で片品村の活性化を図る恒例のキャンペーン「はげ盛(もり)2017」のメニューが22日、同村鎌田の物産店「かたしなや」で披露された。村内の16店が23日から来年3月31日まで、大盛りメニュー18品を提供する。

メニューはいずれも2~3人分のボリューム。今年は「わらじかつ丼」(ロッヂ寿、1500円)、「Wパンチ チキン&ポークステーキ」(花咲の湯、1998円)、「ほっこりぱーふぇ」(ほっこりの湯、1850円)などが新メニューとして登場した。
参加店舗のスタンプを三つ集めると、花咲の湯、ほっこりの湯の入浴券として使える。ダブルチャンスで村内スキー場のペアリフト券が抽選で当たる。本年度は新たに無料写真共有サイト「インスタグラム」を活用した告知やキャンペーンを展開、若年層のスキーヤーやスノーボーダーを中心にアピールしていく。
この日のお披露目セレモニーで、キャンペーンを展開する「かたしなの食・盛上(もりあげ)委員会」の西本康人委員長(40)は「新しい試みをしながら、食で村を盛り上げていきたい」と意気込みを語った。
片品の方言で「大変な」「すごい」を意味する「はげしい」盛りの料理で、地元の食材の魅力を広めようと冬季に行っており、6年目。

地図 →

この付近の観光ニュース →