正月用品ずらり 市場まつりにぎわう 宇都宮

下野新聞
2016年12月24日

 正月用品などが並ぶ「かんれん市場まつり」が23日、宇都宮市簗瀬町の同市中央卸売市場で開かれた。冬晴れの下、多くの家族連れが訪れ、年末の買い物を楽しんだ。

 市場活性化のため、同市場関連卸商協同組合が毎年開催している。

 この日は約10のテントを設置。サケやカニ、数の子などの食品のほか、正月飾りがずらりと並んだ。売り手たちの威勢のいい掛け声が響く中、来場者は次々とお目当ての商品を買い求めていた。

 毎年訪れている宇都宮市北若松原2丁目、パート北條真知子(ほうじょうまちこ)さん(62)は「ここは品ぞろえが充実しているし、にぎわっている雰囲気が好き」と話していた。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →