大だるま すっきり 高崎・少林山

上毛新聞
2016年12月21日

高崎市鼻高町の少林山達磨寺(広瀬正史住職)は18日、年末恒例のすす払いを行った。職員や世話人ら約50人が建物や本堂内に鎮座する高さ1メートル以上の大だるまなどのほこりを取り除き、新しい年を迎える準備を整えた=写真。
午前9時すぎに開始を合図する鐘を鳴らすと、参加者は長さ4メートルほどのほこりを落とすために使う「すす竹」やはたきなどを持ち、一斉に作業に取りかかった。広瀬住職は「新年は多くの参拝客が訪れる。すす払いをしてきれいな境内ときれいな心でお迎えしたい」と話していた。

地図

地図を開く 近くのニュース