ヒラメ解禁待ちわびた!! 鹿島沖、独特の引きを堪能

茨城新聞
2016年11月2日

鹿島沖で1日、県内トップを切って、ヒラメ釣りが解禁された。本県沿岸は大陸棚が広がる釣行の好ポイント。鹿島港には早朝から、解禁を待ちわびた県内外の多くの釣りファンが詰め掛け、ヒラメ独特の引きを堪能した。

同港の植田丸(植田竜也船長)には愛好家11人が乗船し、生きたイワシを餌に午前6時から釣りを開始。ヒラメは餌の食い付きに時間がかかる魚として知られているが、開始直後から続々と釣り上げられた。

この日はあいにくの雨模様だったものの、同船の釣果は計30匹。重さ1キロ前後が主で、植田船長は「十分な釣果だった。年末年始にはもっと大きなヒラメが釣れてくる」と話した。

1・5キロを筆頭に9匹を釣った東京都東大和市、田代政美さん(41)は「解禁日の釣行は毎年の恒例行事。ヒラメは食い込みまでの時間と合わせるタイミング、掛かったときの感触が魅力。満足できる結果だった」と笑顔を見せた。

12月1日には、県内の他の海域でもヒラメ釣りが解禁され、県内全海域で来年3月末まで楽しめる。 

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →

茨城

人馬一体、心射抜く 鹿島神宮で流鏑馬神事

約7.6km
茨城

11流派、気迫の技 鹿島神宮で奉納演武

約7.6km
茨城

稀勢、鹿島神宮で土俵入り 県内初披露に大歓声

約7.6km
茨城

春の憩い 鹿嶋城山公園で桜が見頃

約8.3km
茨城

設備、復興考え選出 カシマで8~10試合

約9.1km
茨城

20年東京 カシマで五輪開催へ 7月にも正式決定 「震災復興」を重視

約9.1km