県内各地でハロウィーン 魔女やお化け出没 500人が集結仮装パレード 高崎

上毛新聞
2016年10月31日
ip161029jom000060000_00

ハロウィーン(10月31日)の人気が年々高まっている。29日には県内各地でも関連イベントが行われ、盛り上がりを見せた。市場規模はバレンタインデーを超えるとの推計もあり、秋の風物詩としてすっかり定着したようだ。

県立観音山ファミリーパーク(高崎市寺尾町)で29日、約500人の子どもたちによる仮装パレードがあった=写真左。手の込んだメークや衣装で、映画のキャラクターやカボチャ、魔女などに扮(ふん)し、笑顔で園内の約800メートルを練り歩いた。パレード後は「トリックオアトリート」と言ってお菓子を受け取り、お祭りムードを盛り上げた。
藤岡神流小1年の進藤音緒さんと飯塚咲希さん、橋本愛央さんは、おそろいの黒猫の衣装で歩き「仲良しの3人で歩けて楽しかった」と笑顔で話した。
イベント「キッズハッピーフェスティバル」(同実行委主催)の一環。30日も行われ、ダンスショーなどが行われる。

 

地図 →

この付近の観光ニュース →

群馬

《上野三碑「世界の記憶」候補》レプリカ そろい踏み 多胡碑記念館

約3.4km
群馬

《上野三碑「世界の記憶」候補》韓国木簡学会 上野三碑を視察、調査 古代の交流、価値確認

約3.5km
群馬

馬庭念流25世が気迫の演武 高崎・吉井

約3.9km
群馬

高崎アリーナ完成式典 「交流拠点の核に」

約3.9km
群馬

勢関がファン交流 4月の高崎場所をPR トークショー

約3.9km
群馬

《井伊氏と高崎安中(4)》龍広寺 和尚が地名・高崎進言

約4km