水戸快走1万3400人 初の黄門マラソン

茨城新聞
2016年10月31日

県都水戸を舞台に健脚を競う「第1回水戸黄門漫遊マラソン」が30日、水戸市三の丸の県三の丸庁舎広場をメイン会場に初めて開かれた。フルマラソンと2キロ、5キロの計3種目に1万3409人が出場。ランナーは曇り空の下、多くの観客でにぎわう中心市街地をスタートし、市内の名所を駆け抜けた。
フルマラソンは、繁華街の南町2丁目から千波湖、偕楽園公園などを巡り、同庁舎広場までのコース。初代優勝者となったのは、東京都の井上直紀(29)で、2時間24分38秒でゴールテープを切った。

市によると、フルマラソンでは出走者の9割に当たる9402人が完走した。市内各所で午前8時半~午後4時ごろまで交通規制が敷かれたが、大きな混乱はなかった。沿道では多くの市民がランナーにエールを送った。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →

茨城

「歴史的景観」向上へ 水戸、国のモデル地区指定

約240m
茨城

偕楽園好文亭ふすま絵修理 親子で下張りに墨絵

約240m
茨城

斉昭の建学精神学ぶ 弘道館で記念講座 水戸

約240m
茨城

水戸の梅大使 夏の着物披露

約240m
茨城

土俵入りや優勝祝賀、稀勢の里切手を発売 22日、日本郵便

約310m
茨城

茨城の地酒味わう

約390m