「桑の実」仕込み新酒は30日披露 しんとうワイナリー

上毛新聞
2016年10月19日

ㅤしんとうワイナリー(榛東村山子田、一倉幸男社長)は17日、桑の実を原料にした「桑の実ワイン」の仕込みと、デラウェアが原料の新酒ワインの瓶詰め作業をした=写真。実りの秋を迎えた醸造蔵が、甘く豊かな香りに包まれた。
ㅤ桑の実ワインは、甘楽富岡地域の養蚕農家らの依頼で、2014年から醸造している。富岡製糸場の土産として人気が定着してきたという。今シーズンはこれまでより辛口に仕上げ、早ければ年内にも出荷する。
ㅤ8月に仕込まれたデラウェアの新酒は、約3200本の瓶に詰められた。30日に同ワイナリーで開く「ワイン祭り」でお披露目される。

地図

地図を開く 近くのニュース