肉料理や特製デザート 「萩の茶屋」17日開店 高萩

茨城新聞
2016年9月16日
160915haginocyaya

高萩市上手綱の県指定有形文化財「穂積家住宅」を活用した期間限定レストラン「萩の茶屋」が17日にオープンする。茨城県北芸術祭開催に合わせ、例年より1カ月ほど早い開店。今年は常陸牛ステーキやハンバーグなどの肉料理のほかに、日立市出身で都内のレストランで総料理長を務める神保佳永さん考案のデザートが楽しめる。同芸術祭の作品も展示される。

メニューは地元のハム製造販売「五浦ハム」(小泉重信社長)提供の常陸牛を使ったステーキ(2千円)やハンバーグ(1500円)などのほか、芸術祭記念メニューで常陸牛モモステーキや奥久慈しゃもなどのプレート(4200円)、デザートプレート(コーヒー付き千円)を用意した。

神保シェフのデザートは、同市のブランド「花貫フルーツほおずき」を使った「ほおずきミルククレープ」と「ほおずきレアチーズ」の2種類。神保シェフは「ほおずきの香り、風味、甘さの特徴を生かしたケーキが出来上がった」とアピール。小泉社長は「芸術祭と一緒に地元の食と文化を楽しんでほしい」と話す。

作品展示は伊藤公象氏が庭に陶のオブジェ、花道家の上野雄次氏が衣装蔵に3Dプリンターで出力した花の生け花-など。

昨年は2カ月で約1万人が訪れた。期間は12月4日まで。営業は午前10時~午後4時。ランチは午前11時から、ラストオーダーは午後2時45分。月曜定休。客席は約100席。予約可。(電)0293(22)3910

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →

茨城

高萩市 真心と魂の酒 販売へ 2月から 地元産米で特産品に

すぐ近く
茨城

高萩で初の県大会 「炭焼唄」伝承へ100人熱唱

約3.8km
茨城

花貫渓谷の紅葉鮮やか 高萩

約7.1km
茨城

「天心焼」デザイン競う 北茨城、初のコンテスト

約8.4km
茨城

「来年も家庭円満で」 縁起物求めにぎわう 北茨城で恒例“暮れ市”

約8.5km
茨城

うつろ舟 茨城県に伝わるUFO?伝説 美術界も注目

約11km