村民の心意気170人魅了、寺で檜枝岐歌舞伎公演

下野新聞
2015年9月15日

 【大田原】県内では36年ぶりとなる福島県檜枝岐村の伝統芸能「檜枝岐歌舞伎」公演が13日、山の手2丁目の龍泉寺本堂で行われた。定員を上回る約170人が、村民の心意気で270年以上続けられている舞台に魅了されていた。

 本尊などを幕で隠した内陣で、源平の争いが題材の「一之谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)~須磨浦の段」を上演した。臨場感あふれる語りを挟みながら、4人の役者が熱演。熊谷次郎直実(くまがいじろうなおざね)が、ためらった末、自分の子と同じ年頃の平敦盛(たいらのあつもり)を討つ場面では、観客が息をのんで見入った。

地図 →

この付近の観光ニュース →