交流図る「物々交換」 日立、アーティスト・柚木さん

茨城新聞
2016年8月5日

県北6市町を舞台に今秋開催される「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」を前に、日立市内で4日から「物々交換プロジェクト」が始まった。アーティストの柚木恵介さんが手作りの屋台を引きながら各地を回り、住民らと物々交換を繰り返しながら旅を続けるもので、これまでに北茨城と高萩で計180人と交流した。

この日は、同市幸町の日立シビックセンター1階アトリウムで、メモ帳や髪留め、縫いぐるみなどと交換。柚木さんは「プロジェクトのコンセプトはコミュニケーションの創出で、物々交換を通して多くの人と会話や交流をしたい」と話している。

時間は午前10時~午後4時(7日は午後2~7時)で、日立市内での日程は、5日=かみね動物園、6日=道の駅日立おさかなセンター、7日=日高おんもさ祭り、8日=多賀駅前商店街・多賀市民プラザ、9日=日立シビックセンターアトリウム。

地図

地図を開く 近くのニュース