二輪遊具の新コース 幼児向け全長150メートル 高崎・観音山ファミリーパーク

上毛新聞
2016年7月21日

ㅤ高崎市寺尾町の県立観音山ファミリーパーク(野町隆宏園長)は19日、ペダルのない幼児向け二輪遊具専用の「ペダルなし自転車コース」を同パーク入り口付近にリニューアルオープンした。同日行った式典では、榛名愛育幼稚園の園児約50人を招いた試乗会を開き、子どもたちがアップダウンのあるコースを楽しんだ。

ㅤ専用コースは、2011年から同パーク北側の多目的広場に設置されたが、近くのサッカー場からボールが飛んでくるほか、日陰がないなどの指摘があった。より安全で楽しいコースを作ろうと、昨年春から移設準備を進めていた。
ㅤコースは全長150メートル、幅1・5~2メートル。カーブや最大9度の傾斜も設け、スピードの変化が味わえる工夫をしている。
試乗会には年長の15人が参加。年中以下の園児が応援する中、ペダルなし二輪遊具にまたがった年長の子どもたちは「速い」「待って」などと言いながら笑顔でコースを駆け抜けた。
ㅤ試乗した落合涼音ちゃん(5)は「楽しかった、またやってみたい」と初めてのペダルなし二輪遊具に大喜び。野町園長は「多くの子どもたちに思い切り楽しんでもらい、新たな名所になればうれしい」と話している。
ㅤコースは2~5歳の子どもを対象とし、ヘルメットの着用が必要。肘、膝当ても着けるよう勧めている。ペダルなし二輪遊具は持ち込みで利用してもらうが、遠足などで来園する幼、保育園には、事前申し込みで貸し出しも予定している。問い合わせは同パーク(電話027・328・8389)へ。

地図

地図を開く 近くのニュース