エコキャンドル500個で幻想空間 高山

上毛新聞
2016年7月13日

ㅤ廃油で作ったエコキャンドルを使い幻想的な空間を楽しむ「たかやまinキャンドルナイト」が9日夜、同村の道の駅中山盆地で開かれた。訪れた観光客らが、約500個のろうそくの灯に目を奪われた。
ㅤ地元有志でつくる「高山村環境inもったいない推進委員会」が主催した。キャンドルは、村内の竹林で採った竹やリサイクルした瓶などを使い全て手作りした。午後7時ごろ、主催者が灯をともしていくと、来場者は「手作りなのにすごい」「見とれてしまう」と歓声を上げた。
ㅤフラメンコのステージ、しの笛やアコースティックバンドなどの演奏が、会場を盛り上げた。
ㅤイベントは昨年に続き2回目。同委員会の平形富二夫会長は「イベントを通して再利用の大切さを知ってもらうことはもちろん、高山村の魅力にも気付いてもらいたい」と話した。

地図

地図を開く 近くのニュース