赤城や七夕 画像で発信 インスタグラム活用 前橋

上毛新聞
2016年7月7日

ㅤ国内外への観光プロモーションを強化するため前橋市は、無料写真共有サイト「インスタグラム」を活用した観光情報発信を始めた。県内自治体では初めての取り組み。日本語のほか英語、中国語(繁体字、簡体字)、韓国語の5言語で、赤城山の景観や地域のイベントなどの画像を発信する。
ㅤインスタグラムは、写真や動画の共有に特化したSNS(会員制交流サイト)で、世界の利用者数は5億人を超える。アジア圏の若者に人気があることから「美しい画像を通じて前橋を知ってもらうチャンス」(市観光振興課)とみて、同市は運用を始めた。
ㅤ同市のアカウントは「maebashi_kanko」。同課職員が発信する。
ㅤ赤城山の覚満淵や荻窪公園のアジサイを紹介しているほか、7~10日に中心市街地などで開催される「前橋七夕まつり」のPR画像を見ることができる。

地図

地図を開く 近くのニュース