ブルーベリー収穫期、観光農園にぎわう 佐野

下野新聞
2016年6月20日

 佐野市富士町の観光農園「6月の森ブルーベリーファーム」でブルーベリーが収穫期を迎え、青紫に色づいた鈴なりの実の摘み取りを楽しむ観光客らでにぎわっている。

 唐沢山のふもとにある同園は、早摘み品種のハイブッシュ系など約1100本を有機農法で育てている。

 19日は梅雨空となったものの、多くの家族連れらがブルーベリー狩りを楽しんだ。摘んだ実を口に運ぶと子どもたちに笑みがこぼれ、歓声が山間に響いた。

 ここ数年同園を訪れているという東京都板橋区、パート従業員赤堀紀子(あかほりのりこ)さん(42)は「今年は特に大粒で甘みがある。例年、甘い木を探して食べ比べるが、どの木も平均的に良かった」と満足げに話した。

心くつろぐいやし旅 - とちぎ体験旅 まちあるき×女子旅

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →