400年前の行列、再現 「千人行列」きらびやかに 日光東照宮

下野新聞
2016年5月19日

 徳川家康(とくがわいえやす)公の御鎮座400年を迎えた日光市山内の世界遺産日光東照宮で18日、1617(元和3)年に家康公が静岡県の久能山から日光へ改葬された際の行列を再現した「百物揃(ひゃくものぞろい)千人武者行列」が盛大に行われた。

 汗ばむ陽気となったこの日、主会場の表参道は大勢の観光客で埋め尽くされた。午前11時、行列は号砲とともに日光二荒山神社を出発。かみしも姿の先導役から、騎馬や弓、やり持ちなど総勢1200人が御旅所(おたびしょ)までの約1キロを練り歩いた。

 観衆は400年前の様子を今に伝えるきらびやかな時代絵巻を堪能。武者の鎧(よろい)かぶとが陽光にきらめく姿を写真に収め、家康などを祭る3基のみこしにおさい銭を投げていた。御旅所では神事が行われ、八乙女(やおとめ)舞などが奉納された。


地図

地図を開く 近くのニュース