ご当地グルメ「とて焼き」新メニュー発表会 那須塩原

下野新聞
2016年3月16日

 【那須塩原】販売開始から5年を迎える塩原温泉街のご当地グルメ「とて焼き」の新メニュー発表会が15日、同温泉旅館協同組合事務所で行われた。4月1日から販売される。

 とて焼きは、歩きながらでも食べられる温泉街の新たな名物として2011年10月、地元和菓子店などが販売を始め、15年11月末までに約10万6千個を販売。更なる売り上げ増を図ろうと、全13店のリニューアルを決めた。

 発表会では11点が披露され、地元産の素材を使った「ホウレンソウとて」、赤い酢飯の「寿司(すし)とて」など各店が趣向を凝らしたメニューが並んだ。市商工会とて焼き支部の塩田和正(しおたかずまさ)さん(45)は「塩原地区の名物として定着してきた。とて焼きを片手に温泉街の散策を楽しんでもらいたい」と話した。

 350~880円。11月30日までの購入者には50円割引チケットのプレゼントなどもある。

 (問)同温泉観光協会0287・32・4000。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →