さのまるも新庁舎で執務 サイン会などがお仕事 佐野市

下野新聞
2015年12月5日

 【佐野】佐野ブランドキャラクター「さのまる」が、7日に開庁式を行い全面開庁となる高砂町の市新庁舎で週2回、“お仕事”を行うことになった。来庁する市民やさのまるファンに「特別住民票」の写しを配布したり、記念撮影などを行ってふれ合いを深める。市都市ブランド推進室は「さのまると新庁舎を一層身近に感じてもらえれば」と話している。

 2013年のゆるキャラグランプリで優勝したさのまるは現在も各地のイベントに引っ張りだこだが、週末は基本的に新庁舎向かいの「さのまるの家」で訪れたファンと交流している。

 さのまるの住所はこれまで正式に決まっていなかったが、新庁舎建設を記念して開庁式の中で岡部正英(おかべまさひで)市長からさのまるに、さのまるの家を住所とした特別住民票が交付される。これを機に、新庁舎1階の市紹介スペースの一角にさのまるの執務机を設置した。

 今後は遠方への公務出張時などを除いて月、金曜日の午前11時と午後2時の1日2回、さのまるの家から歩いて出勤。来庁者に特別住民票の写しを無料で配るほか、サインや記念撮影にも応じる。また対応の合間には新庁舎エントランスの掃除なども行う。

地図 →

この付近の観光ニュース →