小学校の先生、空中ブランコ挑戦 木下大サーカス

下野新聞
2015年11月15日

 宇都宮市清原工業団地の特設会場で開催中の「木下大サーカス宇都宮公演」(下野新聞社主催)で14日、公募で当選した栃木市皆川城東小教諭大塚祐季(おおつかゆき)さん(25)が空中ブランコに挑戦した。

 大塚さんは開演前、同サーカスで22年間空中ブランコに取り組む中園栄一郎(なかぞのえいいちろう)さん(42)から指導を受けてステージに臨んだ。命綱を着けて地上13メートルの足場から勢いよく飛び出し、10メートルほど離れた受け手の手に触れたが、惜しくも落下した。

 失敗はしたが、中園さんは「これまで公募してきた人の中で一番の出来」とたたえた。大塚さんは「緊張したけど、すごく楽しかった」と満足そうに話した。

詳細はこちら

地図 →

この付近の観光ニュース →