絶景テラス、中禅寺湖一望 日光・旧英国大使館別荘の建物復元

下野新聞
2015年10月28日

 奥日光・中禅寺湖畔に建つ旧英国大使館別荘の来年夏からの一般公開を目指す県は27日、建物の復元工事が終了したことを受け、地元関係者や報道機関を対象とする内覧会を開いた。

 県によると、木造2階建て延べ床面積約467平方メートル。黒の外壁とは対照的に館内は白が基調で、エントランスには日光東照宮が寄贈した「日光並木杉」を活用。従来使われていた木材の一部を再利用し、建具や暖炉なども残した。伝統的な英国デザインの壁紙をあしらった部分もある。

 参加者に人気だったのは開放感のある2階テラス。湖面から約10メートルの高さで辺りを一望でき、笑顔で写真を撮る姿が目立った。日光市中宮祠、学校職員堺恵子(さかいけいこ)さん(65)は「景色も部屋も素晴らしいので、開館したらいろんな季節に来たい。地元にこうした施設ができるのはうれしい」と喜んでいた。

写真


地図

地図を開く 近くのニュース