龍ケ崎観光大使決まる 市の魅力を全国に

茨城新聞
2015年10月15日

 龍ケ崎のPR任せて-。龍ケ崎市の観光資源や特産品を紹介する「龍ケ崎観光アンバサダー(観光大使)」が誕生した。初代大使は茨城大3年、松本明子さん(21)=水戸市、流通経済大2年、大和観月(みずき)さん(20)=龍ケ崎市、同、渡辺栞奈かんなさん(19)=千葉市=の3人。中山一生市長を表敬訪問した松本さんと大和さんは「市の魅力を全国に届けたい」と笑顔を振りまいた。

 観光大使は、公募と9月の面接審査などを経て、市観光物産協会(塚本裕会長)が委嘱した。任期は2017年3月末まで。17日に市内で開かれるコロッケイベントで初お目見えする。衣装はシックなベージュ色を基調にし、胸元に市の花キキョウに見立てたスカーフが付けられている。

 中山市長から「はつらつとした元気さで市を広くPRしてほしい」と激励された松本さんと大和さんは、「市についてもっと勉強して、みんなに龍ケ崎を好きになってもらえるよう頑張ります」と抱負を語った。

地図

地図を開く 近くのニュース