《ちょこっとグルメ》健康志向へ玄米菜食

上毛新聞
2018年6月13日

◎はんの樹

☎090・4530・4721(桐生市本町)

桐生市中心街の本町通りに面した、古民家風の内装のレストラン。玄米菜食が中心の健康的な食事法「マクロビオティック」を基にしながらも食べ応え十分。女性や健康志向の会社員、シニア世代が多く集まる。
店は撹上(かくあげ)みよ子さん(53)が2016年秋に開業。撹上さん自身も玄米菜食中心の食生活を送り、都内のマクロビオティックの料理教室で腕を磨いた。食材にこだわり、農薬や化学肥料を使わずに育てた同市新里・黒保根地区の野菜を中心に使用し、調味料も自家製。料理に肉や魚、卵などの動物性食品、白砂糖を使わない。
8種類の総菜をワンプレートで楽しめる週替わりの旬菜定食(900円)が人気。大豆食品や雑穀で肉のような食べ応えを再現したコロッケやハンバーグなどの主菜に、キッシュやサラダといった副菜、玄米と酵素玄米、汁物がつく。
撹上さんは「体に優しく、何度でも食べたくなるような料理を今後も提供したい」と力を込める。

▽営業 午前11時半~午後2時45分
▽定休日 火、水曜
▽これもお薦め 玄米甘酒(400円)

地図

地図を開く 近くのニュース