早咲き1万株出迎え つつじが岡公園が開園 館林

上毛新聞
2018年4月13日

館林市の「つつじまつり」が10日、市内のつつじが岡公園で始まった。1万株のツツジが来園者を出迎える。5月10日まで。
同園には100品種を超えるツツジが植えられ、推定樹齢800年のヤマツツジやキリシマツツジの古木が花を咲かせる。開花が早く、15日ごろから見頃を迎えるという。
同園で開かれた開園式で、須藤和臣市長は「今年は早咲き。多くの人に早くお越しいただきたい」とあいさつし、関係者とテープカットした。つつじガイドボランティアの会の活動報告が行われ、昨年施行された「つつじを愛し保護する条例」も紹介された。
式典前には城沼対岸の善長寺で、つつじが岡の起源伝説に登場する女性の供養が行われ、船上から献花してまつりの盛況と安全を願った。
入園料620円。問い合わせは市つつじが岡公園課(☎0276・74・5233)へ。

地図

地図を開く 近くのニュース