富岡の繭、髪飾りに 迎賓館でファッションショー 東京

上毛新聞
2018年2月22日

桂由美さんが代表を務めるユミカツラインターナショナルのファッションショーが20日、東京・元赤坂の迎賓館で開かれ、酒井登巳子さん(70)=名古屋市=が富岡市産の繭で作った髪飾りが観客を魅了した。
繭独特の丸みや光沢を生かした髪飾りが、純白のウエディングドレスを着たモデルの髪を華やかに飾った。会場には中之条町の養蚕農家が育てた天蚕で作ったドレスと髪飾りも展示された。酒井さんは「迎賓館という場所やショーに負けないよう繭の存在感が出る作品にした。繭がこんなに活躍していることを養蚕農家に知ってもらいたい」と話していた。
酒井さんは、富岡製糸場の世界遺産登録を祝福して富岡市に寄贈した大作など80作品を掲載した作品集「繭から生まれた花Ⅱ」(上毛新聞社)を刊行している。

地図

地図を開く 近くのニュース