訪日客向けにグルメ本 水郷潮来観光協会、英語で46店紹介

茨城新聞
2018年1月11日

潮来市の観光PRなどを担う水郷潮来観光協会が、訪日観光客向けに市内の飲食店などを紹介する英語版のグルメ本「水郷潮来 グルメツアー ノートブック」(無料)を発刊した。オールカラーで手のひらサイズ。同協会は「少しでも多くの外国人観光客に手に取ってもらい、潮来の味を楽しんでほしい」と話す。

グルメ本では、霞ケ浦と北浦に面した同市ならではの、特産ウナギのかば焼きやコイの甘煮、ワカサギのフライなどを提供する日本料理店や定食屋のほか、ラーメン屋、焼き肉屋、居酒屋やスナックなど市内の飲食店46店を、各店のお薦め料理や住所、営業時間などとともに紹介している。

グルメだけでなく、四季それぞれの同市の観光名所やイベントを巻末に収録。春は権現山公園のサクラや潮来トライアスロン大会、夏は水郷潮来あやめまつりと二本松寺のアジサイ、潮来祇園祭礼、秋は月まつりとコスモス畑、冬は白鳥の里と「上戸の獅子舞」と、1年を通した同市の魅力を、写真と英文で分かりやすく解説している。潮来市内の観光地図も掲載した。

同協会は、英語版グルメ本を1万部以上作成し、旅館やホテル、飲食店、観光案内所などに配布した。既に発刊した日本語版の「水郷潮来ぐるめぐり手帳」も好評を博している。問い合わせは同協会(電)0299(63)3154

地図

地図を開く 近くのニュース