紅葉の名所満喫 350人ウオーキング 甘楽

上毛新聞
2017年11月22日

甘楽町内の紅葉の見どころを歩いて巡る第4回甘楽もみじウォーク(町など主催)が19日、同町の小幡公園を発着点に開かれた。青空の下、約350人が赤や黄に色づいた木々や山を見渡しながらウオーキングを楽しんだ=写真。
参加者は8キロか5キロのいずれかのコースを選択し、紅葉山公園や小幡八幡宮などを歩いた。コースの途中では豚汁や甘酒が振る舞われた。
また、発着点の小幡公園では甘楽日曜朝市会(結城孝会長)が、会の発足30周年を記念し約10年ぶりの朝市を開催した。同会は現在、町内外のイベントで販売活動をしているが、かつては月1回の朝市を開いていた。ウオーキング参加者も、採れたての野菜などを購入していた。

地図

地図を開く 近くのニュース