輝くトンネル 抜けて  壬生、イチョウ並木が見頃

下野新聞
2017年11月6日

 壬生町北小林の獨協医大病院南側の通りで、イチョウ並木が黄金色のトンネルとなって、道行く人を和ませている。

 同医大によると、約500メートル、約200本の並木は10月中旬から色づき始め、今が最盛期。来週中頃まで楽しめるという。

 5日は、雲一つない青空の下、医大生が卒業アルバムの撮影をしたり、子どもたちが落ち葉で遊んだりと、あちらこちらに笑顔があふれた。

 宇都宮市針ケ谷町、無職吉田信太郎(よしだしんたろう)さん(66)は「見上げても足元を見ても美しい。はらはら舞う葉にも風情がある」と、深まる秋に見入っていた。

写真


地図

地図を開く 近くのニュース