酒蔵シールラリーやツアーで地酒をPR JR水戸支社と県

茨城新聞
2017年10月3日

JR東日本水戸支社と県は今月から、「茨城の地酒」をテーマに「いばらき『常陸國』酒蔵漫遊記 絶品いばらき」キャンペーンを始めた。来年3月までの期間中、酒蔵を見学しながら試飲や旬の食材を楽しむバスツアーのほか、抽選で地酒がもらえる「酒蔵シールラリー」を新たに実施し、茨城の地酒や酒蔵の魅力をPRする。

バスツアーは、歴史ある酒蔵や新酒鑑評会などで入賞した酒蔵を巡る5コースを設定。料金は1人6300~7300円。

シールラリーは、県酒造組合に加盟し、最寄り駅から徒歩圏内にある15蔵を対象に、各蔵に置かれるシール6枚を集めて応募すると、抽選で30人に各酒蔵の吟醸酒をプレゼントする。

キャンペーンに合わせ、同支社などは県内酒蔵の紹介やツアー情報、シールラリーの応募はがきを掲載したパンフレットを作成。管内主要駅などで配布する。

地図

地図を開く 近くのニュース