霧と灯籠 幻想の“涼” 鬼押出し園が夜間営業 嬬恋

上毛新聞
2017年8月14日

嬬恋村鎌原の鬼押出し園の夜間営業が11日、始まった=写真。天明3(1783)年の噴火で流れ出た溶岩が固まってできた鬼押出し溶岩や裏参道がライトアップされ、雨降る中訪れたカップルや家族連れを楽しませた。13日まで。
ライトアップが開始される午後6時には園内に霧がかかり、400個の灯籠とライトと合わせ、幻想的な“涼”を演出した。

地図 →

この付近の観光ニュース →