31年ぶりの子ライオン 桐生が岡動物園

上毛新聞
2017年7月26日

桐生市の桐生が岡動物園は24日、ライオンのライラが19日に赤ちゃん3匹を生んだと発表した。来園者に公開するのは1カ月ほど先となる見通し。同園でライオンが出産するのは1986年以来31年ぶり。
父親は同園のチャコ。赤ちゃん3匹の性別は確認できていないが、ライラも含めていずれも健康で、現在は非公開の寝室にいる。
チャコとライラは、ともに2015年12月に富士サファリパーク(静岡県)から入園した。昨年3月に新設されたライオン舎に移り、迫力ある姿を来園者に見せていた。
同園では1986年4月にレオ(雄)とメグ(雌)の間に、ともに雄のロッキーとレオンが生まれた。

 

【写真】赤ちゃんに乳を与えるライラ

地図 →

この付近の観光ニュース →