親子でクッキー作ろう 日清製粉が体験教室 館林

上毛新聞
2017年7月19日

日清製粉グループ本社(東京都千代田区)が運営する製粉ミュージアム(館林市栄町)は15日から、小学生の親子を対象にしたお菓子作り体験「クッキートッピング教室」を始める。一般公開を前に14日、報道関係者向けの現地説明会が開かれた。
教室では、参加者がクッキーの生地の型抜きとチョコレートチップやアーモンドスライスなどで飾り付けを体験。1人1枚の手のひらサイズのクッキーを担当し、焼き上がり後は簡単に包装して持ち帰ることができる=写真。
20分から30分で作業は終了し、館内を見学しながら焼き上がりを待つ。館長の稲垣泉さんは「子どもたちが小麦粉でできたものを触り、実際に食べて親しんでほしい」と呼び掛けている。
毎月1回、中旬頃に開催。日程は開催日の前々月末までに同ミュージアムのホームページに掲載し、1カ月前から電話で先着順に受け付ける。15日からは、8月15日開催分の受け付けを始める。
小学生と保護者の2人1組が対象で、1回につき6組12人まで参加可能。費用は入館料(大人200円、小中学生100円)とは別に1組500円。申し込みは同ミュージアム(0276・71・2000)へ。

地図

地図を開く 近くのニュース