全農ぐんまが新直売所 前橋・花木センターに10月 フードコートや県産食材料理

上毛新聞
2017年6月16日

JA群馬中央会・各連合会の大沢憲一会長は14日、前橋市内で記者会見し、全農ぐんま運営の新直売所を花木流通センター(同市亀里町)内に整備する計画を明らかにした。県産米おにぎりや焼きたてパンなどを扱うフードコートをはじめ、県産食材による料理の紹介スペースを設ける。10月上旬の開業を予定している。
延べ床面積は約1200平方メートルで、「ゆったり、わくわく、なっとく」がコンセプト。通路を広く確保するなどして買い物しやすい店舗を目指し、総菜や食肉加工品を充実させる。パンとハムの工房の設置も計画している。
JAグループ群馬は直売所の活性化策に取り組んでおり、2016年度に39店舗で計約60億円の売上高を、18年度には77億円に引き上げたい考え。新たな直売所について、大沢会長は「県産農畜産物を豊富に取りそろえ、本県農業の発信基地としたい」と述べた。
会見では、16年度の県内JA経営概況も説明。農畜産物の販売高は前年度比2・3%増の1350億円で2年連続の増加。本業のもうけを示す事業利益は同28・1%増の37億円だった。

 

【写真】10月上旬のオープンを目指す直売所のイメージ図

地図

地図を開く 近くのニュース