育てたアジサイ「町の玄関口に」 下仁田

上毛新聞
2017年6月14日

下仁田町の町民有志でつくる「あじさいを育てる会」(土屋稔会長)が運営する下仁田あじさい園(同町馬山)が開園し、咲き始めた青色のアジサイが来場者を楽しませている=写真。7月2日まで。
国道254号沿いにある3万平方メートルの斜面に、約2万株が植えられている。会によると今後、10日から2週間ほどで見頃を迎えそう。
11日に開いた開園式典で、会の発足から昨年度まで11年間、会長を務めた下山喜三男顧問(77)に、町から感謝状、会から記念品が贈られた。下山さんは「園が町の玄関口として、地域の発展に寄与できたらうれしい」と話した。荒船太鼓を演奏したり、抹茶を振る舞ったりして訪れた人をもてなした。
午前9時~午後5時(2日は午前のみ)。管理協力費として中学生以上300円、小学生100円。開園最終週の1、2の両日は、園内のアジサイの花を自由に切って持ち帰ることができる。問い合わせは町観光協会(☎0274・67・7500)へ。

地図

地図を開く 近くのニュース