天然氷を奉納 初夏の伝統行事 氷室のふるまい 草津

上毛新聞
2017年5月31日

草津温泉に初夏の訪れを告げる「氷室のふるまい」(草津温泉観光協会主催)が28日、草津町の湯路広場周辺で開かれ、訪れた観光客が温泉街の伝統行事を楽しんだ。
会場では白装束をまとった「探氷隊」により、天然氷の奉納などの神事が行われた後、ホテルや旅館の従業員によって、あずき氷約300食と和菓子や抹茶約250杯が振る舞われた=写真。
江戸時代に温泉宿の主人たちが白根山にある氷室から氷を運び出し、シャクナゲの花を添えて湯治客に出したという故事に由来する行事。旅人の安全や無病息災を祈願する目的で、毎年この時期に行われている。

地図 →

この付近の観光ニュース →

群馬

草津・湯畑 国名勝に 県内8件目 誘客に追い風 

約290m
群馬

自社開発の味お土産に カレーとサイダー売店にコーナー 草津・ホテル桜井

約330m
群馬

レンゲツツジ3000株が開花 草津

約850m
群馬

雪山に春 平野は夏 自転車愛好家529人が“疾走” 草津

約1.5km
群馬

モーツァルトの多彩な魅力紹介 草津音楽アカデミー

約2km
群馬

雪の回廊 志賀草津高原ルート再開通

約3.2km